やっぱりすごかった。白湯の効果をマックスにする方法

f:id:taikatomokita:20170809002825j:plain

モデルさんや女優さんが飲んでいることで注目された白湯ですが、あらためてチェックしてみるとやっぱりすごい効果があります。誰でもできてコスパ最強の美容法、白湯についておさらいしておきましょう。

では、白湯の驚くべき効果、飲み方、注意点などを紹介します。 

 

白湯の美容と健康効果

白湯とは、その名の通り”お湯”です。

では、水ではなく白湯にすることでどんな変化があるのでしょうか。

人間の身体は外部から入ってくるものに対して色々な反応をします。

温かいものは体の中ですぐに吸収され、温熱効果で代謝が上がります。

反対に冷たいものは胃の中で温めなければなりませんので、吸収の効率が悪くなります。

また、体を冷やしてしまうことで代謝が下がり、全体的な機能が低下します。

白湯の場合、成分は水だけですが、水分を効率よく補給できること、内側から身体を温めることにおいて非常に優秀です。

 

水分を効率よく補給できると、細胞にみずみずしさが生まれます。これは肌などの見える部分だけでなく、内臓や筋肉など身体の内側にも共通して言えることです。

細胞は効率よく働くために水分が欠かせません。

例えば、質の悪い肉とA5ランクの肉の違いを考えてみてください。

質の悪い肉は、パサパサしていて弾力も伸びる力も無く、ぼろぼろしています。

反対に、A5の肉は弾力があり、伸ばすことが出来、ぷにぷにしています。

当然、A5の方がおいしいわけですが、この違いは細胞の水分の量と保持力の違いです。

この違いは機能面においても影響があります。柔らかい肉(筋肉)の方が代謝がよく、凝りにくく、強い力が出ます。

 

白湯の効果まとめ

温熱による効果

  • デトックス
  • ダイエット
  • 冷えの改善
  • むくみの解消
  • ホルモンバランスの改善

水分補給による効果

  • 筋肉の質を改善
  • 保湿
  • 美肌
  • 便秘の解消

 

 

効果をマックスにする方法 

健康と美容に効果がある白湯ですが、ちょっとした工夫で効果を最大にすることが出来ます。

1、朝に飲む

寝ている間も人は汗をかきます。その量は約1リットルといわれています。
朝は特に身体がカラカラの状態なので、効率よく水分を補給できる白湯を飲むのに最適なタイミングです。

2、寝る前に飲む

寝る前にお腹を温めることで副交感神経が働き、質の良い睡眠を取りやすくなります。
また、睡眠中の発汗に備えることにもなるので、寝る前も白湯を飲むおすすめのタイミングです。

3、温度は50度、ゆっくり飲む

水分を一気に摂るとかえって吸収が悪くなりますので、ゆっくり飲みましょう。

4、飲みすぎはダメ

ダイエットのために食事を減らそうと白湯をたくさん飲んでごまかすのはNGです。
大量の水分はむくみの原因になり、逆効果です。一度に飲む量はコップ一杯で十分です。

 

いかがでしょうか、白湯についておさらいできましたか?

コスパ最強の美容法である白湯を上手に使って美と健康に前進しましょう!

※白湯は味がなくて苦手という人もいますが、そのような場合、レモン汁を数滴たらすと飲みやすくなります。また、しばらく飲み続けていると舌がリセットされて白湯がおいしく感じるようになります。さらには普段の食事も素材の味を感じられるようになるので、少しだけ頑張って続けてみることをお勧めします。