即効性あり!目の疲れ、鼻づまりを解消できるツボ6選

普段からパソコンを見たり、スマホを見ることが多い人が必ず感じるのが眼精疲労。
眼精疲労は首こり、肩こりの原因になるのでセルフケアですぐに解消しておきたいですね。
また、辛い花粉症による鼻づまり。これもツボ押しで緩和できる場合があります。

それでは、目の疲れ、鼻づまりを即効で解消するツボ6選を見ていきましょう。

f:id:taikatomokita:20170719164350j:plain

f:id:taikatomokita:20170719164407j:plain

百会(ひゃくえ)

頭頂部のほぼ中央。左右の耳から真上に上がっった中心。

百会は万能のツボと言われ、自律神経全般を整えるのに効果があるとされています。
寝ても疲れが取れないなど身体がリラックスモードになっていないときに効果的です。

 

太陽(たいよう)

眉尻と目尻の中間の少し後ろ

太陽は目のツボとして有名で、眼精疲労に効果があります。

 

角孫(かくそん)

耳の頂点の少し上

角孫は頭や後頭部の緊張を緩和し、頭痛、目の疲れ、耳の不調に効果があります。

 

神庭(しんてい)

髪の生え際の正面の中心

神庭は頭痛、ストレスに効果があります。

 

風池(ふうち)

後頭部の骨(後頭骨)のやや外側

風池は肩こり、目の疲れに効果があります。

 

天柱(てんちゅう)

後頭部の骨(後頭骨)、風池の内側斜め下

天柱は頭痛、肩こりに効果があります。

 

これらのツボを気持ちいいと感じるぐらいの強さで、30秒ぐらい刺激して、目と頭をすっきりさせましょう!