【仕事はマラソンではなく短距離の連続だ】生産性を上げる休憩時間は○○分って知ってた?

f:id:taikatomokita:20170719005934j:plain

何時間も休憩を取らずに作業をしていると作業効率が落ちたりミスが増えるのは誰でも経験から知っていることです。 

ですが、忙しいとあまり休憩を取れずに連続して作業してしまうことも多いのではないでしょうか?

休憩は必要

休憩を適切にとることは作業効率を上げてくれます。 

脳の仕組みとして、ものごとを記憶するのに必要な時間というのがあります。 入ってきた情報を処理して記憶として定着させるには、情報があまり入ってこない時間が必要なのです。 

ある実験によると、本を読んでその内容に関する記憶をテストすると、物語を読んでから10分間休憩したグループは7日後の記憶が向上していたという結果が出ています。Dewar et al., 2012 

 

では、具体的にどれぐらいの休憩時間がベストなのでしょうか?

 themuseの記事によると、仕事と休憩の比率は52分仕事をして17分休憩するのがベストだということです。 

これは、パフォーマンスの高いビジネスマンの仕事と休憩の比率の平均だそうですが、52分間非常に高い集中力で仕事をし、17分休憩が生産性の高い人の平均だということです。 

17分って結構長いような気もしますが、その分52分間の集中が非常に優れているのでしょう。  

17分も休憩できない!

という人も多いと思いますが、せめて1時間に一度トイレに行くなど席を立つ工夫をしてみてはいかがでしょうか。 

ずっと同じ集中力を保つのは常人には不可能なこと。

適切な休憩を挟みながら仕事をして、生産性をアップしましょう!